借金問題で困ったらプロに相談【債務整理をすることも考えましょう】

専門家に解決手段を聞く

相談

返済できないほど借金が増えたときは、専門家に相談することが大切です。法律の専門家の中で、幅広い範囲で対応できるのが弁護士です。弁護士ならば借金問題を相談することが可能で、債務者個人の状況に応じて最適な解決方法を提案してくれます。

詳しく見る

債務の総額を調べる

弁護士

借金が増加しているならば、弁護士に相談することが大切です。法律事務所に通って相談したい人は、何度も通える範囲の事務所を探しておきましょう。借金問題は1回だけの訪問では解決できません。弁護士ごとに扱っている業務内容が違うので、債務整理の経験豊富な先生に相談することがおすすめです。

詳しく見る

依頼するには費用がかかる

相談

借金問題の依頼先は弁護士で、料金を支払います。法律事務所ごとに決められている料金の目安は異なるので、事前に調べることが大切です。高値の料金が設定してある法律事務所に相談すると、後から支払いに困る可能性もあります。

詳しく見る

過払い金を取り戻す

法律書

消費者金融と利息制限法を超える金利で取引していた方は、過払い金が発生している可能性があります。借金はしていたが当時の契約書など証拠となるものを持っていなくても法律事務所に相談をすることで、代わりに調べてくれ返還交渉を行ってくれます。

詳しく見る

弁護士に依頼できます

ジャッジガベル

借金は専門家に相談することが可能で、弁護士や司法書士に依頼できます。司法書士は130万円未満までしか仕事を引き受けられないので、多額の借金がある人は弁護士に相談しましょう。一般的に債務整理で解決できることが多く、任意整理や自己破産の手続きを行います。

詳しく見る

返済不能に陥ったら

相談

専門家の力を借りよう

多額のローンを抱えてしまうと、利息の支払いすら厳しくなります。借入残高と利息は比例するので、たくさん借りるほど利息が膨らんで返済に長期を要するようになります。利息の支払いが厳しい、残高がほとんど減らないという状況に陥ったら、専門家に相談するタイミングです。弁護士や司法書士などの士業の借金相談は、初回30分まで無料または5000円程度となっています。相談をすることで解決の糸口が見つかるので、すでに返済計画が破綻している方は速やかに相談してください。借金問題の怖いところは、完済をするまでは一生解決できないことにあります。最近は時効援用という言葉が聞かれますが、簡単に時効にすることはできません。借金返済の目処が立たない状況なら、弁護士や司法書士に相談をして債務整理をすることも考えましょう。最近は債務整理のハードルが下がっており、自己破産を例にしても免責がおりるケースが増えてきました。個人再生、任意整理といった方法もあり、財産を処分せずに解決できるのが特徴です。借金相談の要となるのは、どのようにして借金を解決するかです。非常にシンプルな内容ですが、現状の返済能力で完済が厳しいと判断される場合は債務整理が必要になります。延滞分を今すぐに解消できる、完済できる計画が立っている状況なら債務整理は不要ですが、こうした方は専門家に相談しようとは考えません。借金相談をするなら借金解決実績が豊富な事務所を探すことが先決です。

Copyright© 2018 借金問題で困ったらプロに相談【債務整理をすることも考えましょう】 All Rights Reserved.